研究テーマ紹介

現在行わている研究や、以前行われていた研究の概要を解説しています。 画像をクリックすると拡大表示されます。


クラウドに適した分散Webシステム

クラウドとは、インターネットを介してどこからでも利用できるサービスのことです。
このクラウド上に仮想のWebサーバを構築し、アクセスを分散させる方法があります。
仮想サーバは簡単に構築・複製したり、起動・停止させることができるので、アクセス数に応じて必要な台数だけ用意し、コストを削減することができます。

この研究では、Webサーバをどのように監視すれば良いか、アクセス数に対してどのようなアルゴリズムでサーバの台数を決めれば良いかを、実際にシステムを開発し、大量のサーバを使って実験しながら研究しています。

NAP-Webを用いた優先アクセス機構

NAP-Webは、Webページへのアクセスが混み合っている時に利用者に待ち時間を書いた仮想的な整理券を配布します。
整理券を持って再度アクセスした利用者については、必ずアクセスを受け付けます。

本研究ではNAP-Webに、特定のサーバとのアクセスを、アクセスが混み合っている場合でも一定以上確保するような機構の作成を目指しています。
アルゴリズムを検討し開発と実験、評価を行っています。

キャッシュサーバーを用いた分散Webシステム

分散Webシステムとは、ユーザーからのアクセスを複数台用意したWebサーバーに分散させることで、オリジンサーバへの負担の軽減を目的とするシステムです。

本研究では、Webサーバーのキャッシュ管理において、静的、動的コンテンツの両方のキャッシュを可能とした、負荷軽減の点において効率的なキャッシュの更新を目的とする機構の開発を行っています。
まだ始まったばかりの研究で、現在はキャッシュ更新手法の検討や、システム開発に必要な機能を調べています。

ファイアウォールを用いたアクセス制御システム

Webを利用したサービスの中には、ある特定の対話的な処理を高い優先度で処理したいという要求があります。
この時、サーバの過負荷によって、応答性の低下が問題になります。
ユーザ認証などで、同時サービス数は減らせますが、DoS攻撃は防げません。
この攻撃はファイアウォールによって防ぐことができます。

そこで本研究では、安定して供給したいサービスに対して、ファイアウォールを利用してアクセス制御を行うシステムの開発をしています。

分散WebシステムにおけるDNSを用いた負荷分散機構

近年、Webサービスの普及や利用者の増加に伴い、Webサーバが行う処理が複雑化し負荷が増加しています。
Webサーバへの負荷の増加に対し、クラウドで提供されるサーバをキャッシュサーバとして用いて監視し、その負荷量に応じてキャッシュサーバ数を動的に増減させることでリソースとコストの最適化を行う分散Webシステムというものがあります。

本研究では、DNSラウンドロビンというDNSの機能を利用した、分散Webシステムの負荷分散機構の開発を行っています。


最近までの研究


機器情報を用いたネットワーク管理システム

社内などのネットワークに接続する通信機器の情報収集を効率的に行い、管理者の負担を軽減することを目的としています。
また、学内情報を保持する教務システムや機器情報を用いてネットワーク内のグループ化を可能とし、アクセス制御を自動化することで柔軟なネットワーク管理を実現できるよう開発を行なっています。

リンク構造ファイルシステム

ファイルに対して間違った操作や第三者による変更が加えられたときに変更前の状態に戻したいといった状況が考えられます。
ファイルを可変長ブロックとそれらをつなぐリンクで構成し、ファイルの変更操作を上書きではなくリンクのつなぎかえによる追記で実現することで過去の状態を復元することができるファイルシステムを開発しています。